使用目的によって選ぶ弱電と強電ってなに?そしてエコを考えた電線やケーブルとは?

ケーブルの種類について

電線とケーブルは同じように捉えられることがありますが、厳密にいうと多種多様に存在する電線の種類の一つとしてケーブルが存在しています。
 
■電線をさらに被覆で保護したものを「ケーブル」といいます
電線の種類の一つであるケーブルは、電力を流すための導体を絶縁体で保護した絶縁電線の周りに、
さらに「シース」と呼ばれる被覆で保護した電線のことを指します。
よく目にするものでいえば、USBケーブルやLANケーブルなどもケーブルとして分類される種類の一つです。
ケーブルの太さによって、一度に流せる許容電流にも違いがあります。
 
■VVFケーブルとVVRケーブル
ケーブルには、使用する環境や用途によってさまざまな種類がありますが、特によく用いられるケーブルといえば「VVFケーブル」と「VVRケーブル」が
有名です。
どちらのケーブルも、屋内用や屋外用、さらには地中用と使われることでは同じです。
しかし、VVFケーブルとVVRケーブルの見た目の違いとしては、VVRケーブルのシールの被覆部分は平らな形状になっているのに対し、
VVRケーブルのシールの被覆部分は丸い形状になっています。
 

今回ご紹介したように、一口に電線(ケーブル)といっても用途や使い方によってさまざまな種類の中から適切な製品を選ぶ必要があります。
また、最近では、自然環境保全を考えて作られた安心安全なエコ電線(エコケーブル)なども多く販売されていますので、
これからエコを考えた電気設備に一新しようかと検討中の方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。
尚、東京西新宿にあります「加賀谷電気商会」では、電気の材料といわれる電設資材(電材)を専門に業界屈指の商品数を取り揃えております。
各種電線製品をはじめ、電気工事などで必要とされる製品や舞台用に使う照明器具など、ジャンルもさまざまな電材をご用意しております。
他店では見つからなかった商品も、加賀谷電気商会ではきっと見つけられますし、
万が一在庫が不足していたとしても早急に取り寄せさせていただきますので何なりとお申し付けください。